書籍紹介

身近な課題からSDGsを理解し行動に移すには…?
小学生から大人まで
すべての人が楽しみながらSDGsについて学べる書籍

未来の授業-SDGsライフキャリアBOOK-

1,800円+税

出版
宣伝会議
編集
宣伝会議 出版部
監修
佐藤真久
編集協力
ETIC.
ISBN/JANコード
978-4-88335-506-8
発売日
2020/12/22
商品の寸法
B5判

購入はこちら

Amazonで買う

  • 特徴1

    4つの異なる学習スタイルを持つ
    子どもたちがSDGsについて
    学習、体験し、成長していくストーリー

  • 特徴2

    SDGsの17の課題を
    関連する日本の社会課題に
    落とし込んで解説

  • 特徴3

    SDGsに取り組む企業の
    具体的な取り組みを紹介

本書について

「未来の授業 SDGs ライフキャリアBOOK」は、
SDGsについて学ぶだけの書籍ではありません。
私たちに身近な日本の社会課題にクローズアップし、
その解決を目指して活動する
自治体やNPO、企業の取り組みを紹介します。
そして、この本のもう一つのテーマが「ライフキャリア」。
みんなが大人になったとき、社会の中で、
周りの人たちどう関わりながら、
自分らしい役割を果たしていくのか。
この本は、きっとそのヒントになるはずです。
けんた、ゆみ、アレックス、みのりという
個性豊かな4人と一緒に、
みんなも自分だけのライフキャリアを考えてみましょう!

キャラクター紹介

  • 直感・行動タイプ

    けんた

    実家が魚屋を営む、サッカー大好きな男の子。気さくで明るく、地元に友人がたくさんいる。直感第一でどんどん行動するタイプ。でも、将来について考えるのは後回し…?

  • 理論派タイプ

    アレックス

    アメリカ人の両親をもつ理論派男子。抽象的な思考が得意だけど、考え過ぎてしまう性格が悩み。「医者になって人助けがしたい」という目標に向かって日々勉強中。

  • アイデア実践タイプ

    ゆみ

    日本人とタイ人のミックスの、おしゃれが大好きな女子。活発な性格でアイデアが豊富。みんなをまとめるお姉さん的な一面もあり、社会で活躍する女性が憧れ!

  • 価値・意義重視タイプ

    みのり

    もの静かなおっとり系女子。本が好きで、自分の中で色々と想像を膨らませていくのが得意。一見おとなしいが、芯の強い一面も。人の気持ちに敏感で、寄り添うやさしさを持っている。

監修

佐藤 真久(さとう・まさひさ)

東京都市大学大学院
環境情報学研究科 教授

英国国立サルフォード大学にてPh.D取得(2002年)。地球環境戦略研究機関(IGES)の第一・二期戦略研究プロジェクト研究員、ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)の国際教育協力シニア・プログラム・スペシャリストを経て、現職。現在、SDGsを活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業委員長、国際連合大学サステイナビリティ高等研究所客員教授、UNESCO ESD-GAPプログラム(PN1:政策)共同議長、特定非営利活動法人ETIC.理事、責任ある生活についての教育と協働(PERL)国際理事会理事、JICA技術専門委員(環境教育)、IGESシニア・フェローなどを兼務。協働ガバナンス、社会的学習、中間支援機能などの地域マネジメント、組織論、学習・教育論の連関に関する研究を進めている。

【編集協力】

NPO法人ETIC. (エティック)

社会の未来をつくる人を育むNPO法人。1993年の創業以来、政府や大学、大手企業、先輩経営者など、さまざまなプレイヤーと手を組みながら、大学生や20代の若者たちが「社会の課題や未来」について考え、実践する機会づくりを行っている。大学生を対象としたイノベーションスクール「MAKERSUNIVERSITY」、社会課題解決を目指す起業家支援プログラム「社会起業塾」などを通して、これまで1,600人以上の起業家を輩出。